暗黒会について

この記事は3分で読めます

indent

どうも、半年振りのカフカです。

今日は、私の生存報告とカジュアルな記事を書きます。

indent

indent

indent

私はこのサイトを始めるに際して、

『1枚の記事は、1回の講義』と呼べるくらい内容の濃いものだけ残したい!

と思い書き始めたのですが、

indent

よくよく考えれば、ブログとは本来そのようなものではなく、

もうちょっとカジュアルな記事で、頻度を上げてもいいんじゃないか?

という自然な結論に行き着き、

今晩はヌーヴォを飲みながら、推敲も抜きにつらつらと書いてみます。

indent

indent

indent

夏~秋にかけては、今年もフェリーで北海道に移住し、

道内のドライブと、読書に没頭しておりました。

フランツ・カフカと、ジャック・ケルアック、そしてもちろんハルキ

indent

indent

indent

さらに先月からは、香港での新規事業に携わることになり、

もはや旅のコミュニティも完全に放置状態で、

参加メンバーには大変申し訳ない気持ちなのですが、

記憶の彼方に追いやられた頃に、

目から鱗の価値を届けられるようにしようと思っております。

このカフカって人すげぇや!! と。

indent

indent

indent

さて、今晩私が書かせていただく内容は、暗黒会についてです。

 indent

私は巷では、友人が少ないことで有名ですが、

その貴重な数名の友人たちは、

人生において最も価値のある財産だと感じています。

indent

indent

彼等のプロフィールは刺激が強いので、

ここでは詳細は控えなければなりませんが、

に角、年に何度か、

地方の料亭で重要な話をする暗黒会という会を開いています。

indent

indent

最近だと、1ヶ月ほど前に、九州のオーべルジュで暗黒会に参加してきました。

indent

dfa

オーべルジュで密会

indent

indent

gfa

地産食材のフレンチを母屋で

indent

indent

indent

まさか月曜日の夕方から、平和な由布院で、

こんな胡散臭い会が開かれているなんて、

預言者ババ・ヴァンガでも予想はできなかったでしょうが、

indent

その意に反し、天使の海老とシャブリを味わいながら、

『引き篭もりの重要性』という、

一見救いのないテーマについて3時間も語っておりました。

indent

indent

暗黒会のメンバーは、

年齢も性別も職業もバラバラなのですが、

私たちに共通していることがあるとすれば、

隠居生活を経験している  ということです。

indent

indent

例えば、私の親友であり、ビジネスパートナーであるH氏は、

プロのトレーダーになるために、約2年間

毎日十数時間の学習と検証作業に明け暮れていましたし、

indent

indent

大阪の友人であるN氏も、大学を中退した後、

約半年間、知床に引き篭もり、自身の事業の準備をしていました。

indent

もちろん私も、移住しながら2年ほど田舎暮らしをしていました。

indent

indent

ジャック・ケルアックの小説の一部にこのような表現があります。

indent

人はその人生のうちで一度は荒野の中に入り、

健康的で、幾分は退屈でさえある孤独を経験するべきだ。

自分が全くの己一人の身に依存していることを発見し、

しかるのちに自らの真実の、隠されていた力を知るのだ。

Lonesome Traveler

indent

indent

indent

私は去年、北海道に移住した際に、まさにこの感覚を掴むことができました。

indent

街頭広告も、煌びやかなファッションビルも、ポップな音楽も全くない世界で、

自分が触れたい情報だけに触れる

という経験をしたことで、

誰にも表現できない自分だけの世界観を構築することが出来たような気がします。

indent

indent

そして副産益として、
カベルネ・ソーヴィニヨンとピノ・ノワールの違いまで分かるようになりました。

indent

indent

西洋では、長期休暇(バカンス)の文化があるので、

バックパッカーなどを通じて、その経験をされている方が多いのだと思いますが、

indent

日本は、休暇システムが非常に貧相なので、

引き篭もり期間を経験しない方も多いと思います。

 indent

 indent

個人的には、

(主体的な)引き篭もりの経験仕事の生産性には、

相関があるように感じます。

indent

indent

indent

私は、瞑想合宿にも参加するくらい、隠居好きなので、

隠居の重要性は、ことあるごとに、発信しているつもりなのですが、

中々理解していただけないので、暗黒会で再確認できて安心しました。

indent
これで今まで以上に寝つきが良くなりそうです。

indent

indent

大学を中退したり、会社を辞めたり、結婚して退社したり・・・

あなたにそんな機会が訪れるなら、

大自然に身をおいて、自分と対話する時間作る選択肢を

そっとオススメさせていただきます。

indent

indent

indent

PS

1日3組限定のオーベルジュ、Forest inn born

客室・温泉・料理・接客・価格、どれをとっても素晴らしい宿だった。

indent

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

indent

森の中に車を進めると、

品のいい美男美女のコンシェルジュが、楽しげな微笑を浮かべて迎えてくれた。

indent

indent

それは、ついさっき

とても愉快な冗談を聞いたばかりだというような自然な笑みだった。

indent

もちろん下品な冗談ではない。

indent

一昔前の外務大臣が園遊会で皇太子に向かって口にして、

周りの人々が小さな声でくすくすわらうような洗練された冗談だ。

indent

indent

そんな風に終始、

自分がまるで皇太子になったような気分にさせてくれた最高のサービスだった。

indent

 カフカ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 知子
    • 2017年 3月24日

    カフカさん、こんばんは。
    メールから過去のブログを読ませていただきましたが、カフカはフランツ・カフカ 、村上春樹の「海辺のカフカ」からの命名なのでしょうか?
    私は「海辺のカフカ」の物語にはまり、蜷川幸雄演出の舞台まで見に行きました。
    カフカ君ではなく、大島さんや中田老人が好きなのですが、共通項が見つかり少し嬉しく思いました。

    カジュアルなブログもなかなか素敵でした。

    • kumiko
    • 2017年 3月24日

    うーん、やっぱり。
    カフカさんは村上さんのファンでした、、、。 そう思ってました。
    国分寺のピーターキャットには学生時代によく行きました。(しっかり年がバレバレですね)
    あのマスターが、かの村上春樹!だってさ。 なんだか懐かしくて、”風の歌を聴け”以来、すべて初版で読んでますよー。
    ”ノルウェーの森”から後は、熱がすっかり冷めちゃったのですが、腐れ縁のボーイフレンドに呼び出されるように、毎回出版されたと同時に購入、徹夜で読破します。
    読み終わって、本を床に叩きつけたことも何度かあるし、もう絶対にあいつの本は買わないぞ!って誓うことも度々なのですが、、、。 腐れ縁、なんだもので、、、。 
    新作”騎士団長殺し”もアマゾンで取り寄せました。今回は、、、そうですね、、、。
    ただいま、まさに隠居中の私には、少し刺激になりました。

    • ゆうすけ
    • 2017年 6月7日

    ずっと気になってた暗黒会の存在を少し知る事ができ、嬉しく思いました。
    名前から、とてつもなく禍々しいオーラを放つ裏世界のトップ集団なのだと、想像を膨らませていたので、少し安心しました笑
    成功する人は、引き篭もりという自分と向き合う時間を作っているのですね!
    周りの環境が気にならなくなるぐらい、何かに没頭する、その先に、自分でも想像できなかったような、ひらめきや力を発揮する事ができる。
    自分と対話する時間をつくる、私もマインドフルネスを習慣にできるようにしていきます^_^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Auther: カフカ

Permanent Traveler(終身旅行者)

ライター・物販・為替・情報
季節周期で移住→国内・海外50都市以上

移住ライフを送るためのノウハウを
余すことなくお伝えします

旅の資金を作り出す荒業

1つ上のステージを目指す