西の貴族・東の庶民

この記事は3分で読めます

.
カフカの日記
.
1, Mar, 2017 / 宝塚ホテル ラウンジにて


.
.
.
それはきっと、時代性や幼少期の教育、
やや大袈裟に言えば、遺伝子的な進化も影響しているのだろうが、
私のように気まぐれで飽き性な人間には、
1つのことを継続するのが非常に難しい。
.
.
新しい街に引っ越して3ヶ月も経てば、
もう次の街に移らなくてはならないような気がしてしまうし、
好きな音楽や小説・絵画にも何の一貫性もない。
.
.
フォアローゼスと Jazz の良さが分かった途端に、
カサーシャとBob Marleyに浮気をし、
今月からは ブルゴーニュのロゼと nujabes に入り浸っている。
.
.
.
.
つまり、もし私に継続している何かがあるとすれば、
.
それは一貫性がないという意味において一貫していることや、
.
世界観の持ち合わせがないという意味において世界観を確立していることだけだ。
.
.
.
だからこそ、1つのことを継続する難しさや価値がよく分かるし、
歴史の検証を得たものに強い興味を惹かれている。
.
.
.
先日、地元の宝塚ホテルが90周年を迎えたという情報を耳にし、
誰の記念日でもなく、何の目的もないが、予定を空けて宿泊することにした。
.
.
.
今、記事を書いているティーラウンジの絨毯がレッドカーペットであることや、
ドリンクメニューに、アルコールの記載がない様子から推察すると、
.
恐らく宝塚歌劇のファンか、
それに付随する関係者が泊まるための高貴なホテルであるようだ。
.
.

ルネッサンスという名前も、広すぎる天井も、
王族の仲間入りを果たしたような気分にさせてくれる。
.
きっと西の貴族たちは、
こうゆう場所でシャトー・マルゴーやロートシルトを楽しんでいるのだろう。
.
.
決して私のような東の庶民が、
ビールを飲みながら読書をするために用意されたラウンジではなさそうだが、
.
そんな暴挙に対しても、コンシェルジュの方は嫌な顔一つせず、
一人娘の写真でも見せるように、そっとビールの銘柄リストを差し出し、
ホテルの歴史について、いろいろと教えてくださった。
.
,
あまりに腰が低かったので、ついでに
.
レッドカーペットを敷くなら、その責務として、
シャンパンくらいは用意しておいて欲しい。
.
と危うく口に出してしまいそうになったが、
.
そう思うのは、シャンパンというものが
あらゆる飲食品の中で
最も祝祭的な性格を有しているからかもしれない。
.
.
これは決して私が偏狭だからではない。
.
レッドカーペットにはシャンパン
.
世界では相場が決まっているのだ。

.
.

.
噴水を挟んで、向こう側の席では、
品の良い紳士淑女が何かの打ち合わせをしている。
.
.
次のジュリエット役に誰を抜擢するのか、決めているのかもしれないし、
あるいは、マリー・アントワネットの暗殺計画を立てているのかもしれない。
.
.
.
.
やはり、非日常の空間に身をおくと、非凡な妄想が雪崩の如く流れてくる…
.
これが正しいことかどうかは分からないが、
喧騒のStarbucksでは、毎日通ってもこんなに文章は書けない。
.
.
.
さて、続けよう・・・
,
建物は古いのだが、古臭くはない。
.
寧ろ上品に年を重ねているような気がする。
.
.
気になるのは、建物の劣化に比べて、レッドカーペットが綺麗過ぎることだ。
.
.
廊下を見た瞬間に足を止めて、美しさにため息をついた。
.
私の思い違いかもしれないが、細部へのこだわりがあるのかも知れない。
.

やれやれ、ため息をつく価値もある

.
.
.
流行り物や情報操作で、10年間繁盛するホテルは作れるかもしれないが、
1世紀続けようと思えば、一流の在り方や一貫性が必要になってくるに違いない。
.
.
というのも、暗黒会で何度も、
100年以上続く料亭やホテルを訪れたことがあるが、
毎回、その在り方や新旧の調和を感じて、感動しているからだ。
.
.
一貫した世界観を持った者が継続して初めて実現できる境地だと思う。

.
.
量産可能なチェーン店に10回行くなら、本物を1度体験したほうが満足できる。

.
贅沢は好まないが、上質は追求する

.
私がメンターから教えていただいた一つのテーゼ(乃至は声明)だ。
.
さて、アイデアを出すには最高の状態になってきたので、
今日は『ちゃんとしたワインを飲む日』にしようと思う。

.


追伸


05.Mar.2017

現在、時間を割いて取り組んでいるビジネスにおいて、
膨大な作業的な要素から、クリエイティブの要素に移行しつつあります。
.
.
旅するカフカと名乗りながら、引き篭もり状態でしたが、
今月からは月に1度はクリエイティブな脳を刺激するための日を作っています。
.
,
宝塚ホテルは手始めですが、来月はテキサスに4泊、翌月はシンガポールに7泊
その先も、時間の許す限り、海外中心に飛び回ると思います。
.
.
リアルタイム配信にて、一流を感じた店舗や場所の情報を共有しますし、
メンバーと会う機会も作っていこうと思います。
.
.
ぜひ、あなたと地球のどこかで乾杯できるのを楽しみにしています。
.
.

.
カフカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • Kumiko
    • 2017年 3月6日

    待ってました、カフカさん!!
    そう、独自の価値観でPTをガンガン実践してくれなくっちゃ。
    今後の報告に期待しています!!!
    そのうち、私の暮らすブルックリンにもいらしてくださいな。
    ”うちの庭”と勝手に呼んでいる、近所のGreenwood Cemeteryにお連れしたいです。
    いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
    お元気で、旅をお続け下さいませ。

    • さゆり
    • 2017年 3月6日

    毎回、素晴らしい文章!!

    感動です。

    • キク
    • 2017年 3月6日

    はじめまして。
    カフカさん。

    動画、拝見しました。
    とても興味を惹かれ、ブログも読みました。
    素晴らしいです。魅力しか感じません。

    いつか必ずお会いしたいです。
    次の更新も楽しみにしています。

    • はやし
    • 2017年 3月6日

    読ませていただきました

    なるほど、さすが、という文章でした
    今後のために勉強になりました♪

    • 宮崎
    • 2017年 3月6日

    【量産可能なチェーン店に10回行くなら、
    本物を1度体験した方が満足できる】
    にとても共感できました!!!

    • mika
    • 2017年 3月6日

    カフカさんの世界観て素敵ですよね。
    私もそんな柔軟な生活が出来たらなぁと感じながらいつも拝見させていただいてます。
    次の更新をまた楽しみにしています。

    • 久子
    • 2017年 3月6日

    毎回楽しみに読ませていただいております。

    カフカさんの動画と声を拝聴して、なぜかフランスのエスプリを感じ、軽やかに優雅に人生を歩く貴方様に、かなりの親近感を感じてしまいました。

    思えば、私も愛媛→神戸→東京→イギリス→ニューヨークと拠点を移し、子供と共に愛媛に舞い戻っていますが、常に新しいものをもとめつつ、自由でいたいという気持ちが、今に至るのかもしれません。

    なかなか自由に世界を旅できない状況ですが、思いは、風のように世界に目を向けていたい今日この頃です。

    出会いに感謝です。

    • 一朗
    • 2017年 3月7日

    ブログ拝見させて頂きました。

    凄く、空気感が伝わってくる文章で
    癒されました。

    • 知子
    • 2017年 3月7日

    こんばんは。
    日常に追われる毎日の中、ブログを読むと自分を非日常に連れて行ってくれます。
    またまた、旅に出るそうで見たことのない景色を妄想させてもらえるのをおまちしています。

    私もブログを利用していますが、何分初心者なので魅力的な文が書けるよう悪戦苦闘中です

    参考にしたいと思います。

    • Yuko
    • 2017年 3月7日

    カフカさんには本当に素敵な仲間と環境があることがひしひしと伝わりました。
    夢のためコツコツ努力ですね。そして、楽しく。

    • 2017年 3月7日

    私の地元にも非常に近いホテルに来ていたことに驚きです。
    文章が丁寧で物語を読んでいる感覚で進められるので非常に心地よいですね。
    私も早く時間と金銭的な余裕をもって旅をしていきたいものです。

    • わんわん
    • 2017年 3月7日

    カフカさん、いつもありがとうございます。
    国内一流ホテルでのお試し、是非やってみて欲しいことがあります。
    それは、自分自身のアトモスフィアを試すということです。
    まず、ドアマンがすっとドアを開けてくれる人、無視される人。
    チェックインに際してコンシェルジュが付く人、付かない人。
    ベルボーイが過剰に対応してくれる人、してくれない人。
    そして、レストランやバーにおいて、スペシャルのリクエストを受けてくれるかどうか。
    ウェィターによっても対応が異なるはずです。
    前項は、自分自身の醸し出すアトモスフィアを反映するので、鏡のようです。
    後項は、人を見極めるということです。
    こうした楽しみ方もカフカさんなら、ご理解いただけると思いコメントさせていただきました。

    • 2017年 3月7日

    やれやれ、という言葉をいい意味での感嘆表現に使うのは少し違和感を感じました。カフカさんの読書はいつもビールやシャンパンとともに始まるのでしょうか?

  1. いつも感動する文章を書かれ本当に頭が下がります。
    これからもいい旅を続けて下さい。

    • さち
    • 2017年 3月7日

    素敵ですね。
    私も体験しているような素晴らしい気分になりました。
    新しい世界に連れ出してくれるような、そんな魅力があります。
    いつかお会いしてお話したいものです。

    • TAKAKO
    • 2017年 3月7日

    カフカさん♡tachanですよ!笑

    いつもお世話になっております!そして素敵な所で有意義な時間を҉٩(*´︶`*)۶҉ ҉
    私もそうなれるように頑張ります!
    来月東京に来られるんですか??

    暇な時間はないと思いますがお会い出来る時間があったら嬉しいです!
    カフカさんと出会えた素敵な出会いに感謝します!!
    これからも楽しみにしてます!

    • りょーた
    • 2017年 3月7日

    文章から情景や空気、匂いまでも感じさせるカフカさんの文才に溜息をつきます。

    比喩の使い方、大変勉強になります!

    • 葛西美幸
    • 2017年 3月7日

    いつも素敵な画像や台詞をありがとうございます

    バタついてきて
    中々コミュニケーションを取れずに居るので
    少し寂しさも感じますが
    我慢はストレス波動の言葉なので
    我慢ではなく
    修行の忍耐という言葉の捉え方にし
    地球上の何処かでお会い出来る日を
    楽しみにアスペに負けず
    懸命に集中して行こうと
    心しておりますので
    宜しくお願い致します。

    • ルチル
    • 2017年 3月7日

    お疲れ様です。
    いつもながら、知的な文面ですね。
    子育て中の主婦には 遠い世界の話だと 溜め息が出ました。世の中には、私の知らない世界が いっぱいあるので カフカさん 次のお話も 楽しみにしています。
    でも・・たまには、カフカさんの庶民的な目線や B級な食べ物だったりも 興味あります。笑。

    • サナエ
    • 2017年 3月7日

    こんにちは。
    読んでいて、私にはないスケールの大きさを感じました。
    いつもクリックしながら、次はまだかな…と思っていました。
    また、訪れて刺激をたくさんもらって前向きに頑張っていきたいと思います。

    • かり子
    • 2017年 3月7日

    カフカさん、こんにちは!
    カフカさんの文才力とユーモアのある表現がとても良いです。
    リアルにイメージができて、思わず笑ってしまいました!(^^)!

    • みゆき
    • 2017年 3月7日

    素晴らしい文章力に感嘆です。

    独特の世界観に引き込まれ疲れも取れたような感じです。

    また次回を楽しみにしています^^

    • miho
    • 2017年 3月8日

    お写真を見ているだけで心躍ります。
    こんなところで優雅にカフェタイムしたいです。
    朝から素敵な文章を読んで、将来に対する期待を感じる事が出来ました。感謝です。

    • ゆうき
    • 2017年 3月8日

    センスあふれる文章を楽しませていただきました♪

    次回の更新も楽しみにしています(^^)

    • Yumi
    • 2017年 3月8日

    カフカさんに惹きつけられて私もここにいます。

    いつか愛する家族と一緒にその場所に その場所に出向きたいです。

    • yusoma
    • 2017年 3月9日

    こんにちは こちらに投稿するのは初めてです。
    いつも文章がステキすぎて遠い存在の方でコメントするのもおこがましいと思っておりましたが
    地元が宝塚とのことで
    宝塚ではありませんが近くに住んでるのでつい、コメントさせて頂きました。

    しかも来週このホテルで子供の卒園式があり、この記事を読み
    宝塚ホテルに行くことに更に胸が高まりました。
    泊まれませんが、上品に年を重ねている、古いけど古臭くないというホテルに、加えてカフカさんが泊まったということに、卒園式だけでなくホテルそのものに行くことにとても楽しみでならないです。

    しょうもないコメントですみません、ありがとうございました。

    • さくら
    • 2017年 3月9日

    いつも心温まるレターやブログの更新、本当に有難うございます。

    読み終えると、まるで小説の一章を読み切った時の満足感のように、言葉の一句一句が落ちてきます。
    表現力も、想像力を掻き立てられ、そして共感する部分や、多くの知識が芽生えてきます。
    そして、何度も文章を読み返しながら、言葉の一つ一つを考え直します。
    お気に入りの喫茶店で考えるのが、楽しみの一つになっています。

    今後も貴重なお話を聞かせて頂けること、心からお待ちしています。

    • kunio
    • 2017年 3月11日

    初めまして「カフカさん」あるサイトからカフカさんの存在を知りました
    是非参加したいと思いましたが・・・そのサイトの方と連絡取れなくなり
    どう動けばいいかわかりません、忙しいと思いますが
    よろしくお願い致します。

    日記拝見させていただきました、貴族いいですね

    • ゆず
    • 2017年 3月17日

    カフカさんこんばんは。

    素敵な文章ですね。とても惹きこまれます。

    読んでいると自分も経験してみたくなります。

    次回も楽しみにしております。

    • りつ。
    • 2017年 3月29日

    お久しぶりです。

    相変わらず良いことを書きますな…
    名前で分かりますかな?

    これからもちょいちょい覗かせて頂きます

    • koic
    • 2017年 9月10日

    いつもすばらしですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Auther: カフカ

Permanent Traveler(終身旅行者)

ライター・物販・為替・情報
季節周期で移住→国内・海外50都市以上

移住ライフを送るためのノウハウを
余すことなくお伝えします

旅の資金を作り出す荒業

1つ上のステージを目指す