エマ・ワトソンとバーボンを

この記事は5分で読めます

.
カフカの日記
.
07, Apr, 2017 / アーリントン「The KEG」 にて


.
「済まないが、タクシーを呼んで欲しい。」
.
.
.
「English please. Here is Texas
.
.
.
.
・・・おいおい、私は日本語で何を言っているのだ。
.
ここ数日のジャンク・フード中心の食事と、
3杯目のバーボンのオンザロックで、酔いが回ってきたこともあり、
自分が今、日本から1万キロ離れた
テキサスにいることを瞬間的に忘れていた。
.
14時間の時差たちも、私の思考を全力で邪魔しているに違いない。
.
.
やれやれ、
またロクでもないタクシーを呼ばなければいけないのか…
.
.
金曜日の穏やかな夜に、気の利いたバーで知り合った
エマ・ワトソン似の女の子と飲んでいるにも関わらず、
.
本日23回目のため息をつくのは、
私がテキサスのタクシー・ドライバーに対して、
ある種の失望と諦めを感じているからだ。
.
.
正直に言うと、私はがっかりしているのだと思う。
.
.
しかし思い返せば、私の人生において
タクシー・ドライバーとの関係は比較的友好的なものであった。
.
.
彼らの多くは私に対して好意を抱いていたようだし、
(私の感じ方さえ間違っていなければ)
少なくない割合で、ある種の敬意さえ感じることができた。
.
.
彼らが口にする「have a good day」には、文字通り祝福の念があり、
彼らの微笑みには、チップを要求しない純粋な好意があった。
.
.
私の下らないジョークにも、まるでハリウッド・スターが
スピーチの掴みに絶妙なそれを放ったときのように、腹を抱えて笑ってくれた。
.
.
しかし、フォートワースに着いてから僅か4日目にして、
長年、彼らと築き上げてきたそれは、資産から負債へと項目を移した。
.
.
まるで私の入国に合わせて、申し合わせたかのように、
ピックアップの時間は必ず30分遅れ、
料金は、正規のダブル(時にはトリプル)を要求し、
おまけに、渾身のユーモアまで黙殺された。
.
.
僅か5マイルの距離で、100ドルを澄ました顔で請求されたときには、
”穏やかさが服を着て歩いている”と一部で言われている私でも、
手持ちのカフェ・アメリカーノを頭から浴びせようか真剣に考えたくらいだ。
.
.
確かに、「君は短気で偏狭だ」と言われれば、その通りかもしれないが、
私にも腹を立てる権利くらいあるはずだ。
.
.
.
「もしも、テキサスのドライバーに腹を立てない人間がいるとすれば、
その身体に流れているのは、血液ではなく、トマト・ジュースに違いない。」
.
.
私は試しに、その暫定的な結論をエマ・ワトソンに打ち明けてみた。
.
.
.
「確かにあなたは悪くないようだけれども、ベストを尽くしていないわ。
事前に話を付けておくべきだし、そもそもUberを使うべきよ。」
.
.
彼女の言う通りだった。
.
.
「矢印を内側に向けない限り発展はない。インサイド・アウトだ。」
.
哲学的なバーテンダーも彼女に2票目を入れた。
.
.
少し考えた結果、私もエマに3票目を入れることにした。
.
.
なぜならインサイド・アウトの考え方は、
私が数々の格闘の末、確信を深めてきた重要な資産の一つだったからだ。
.
.

 


【インサイド・アウト】

問題の原因を外側ではなく、常に内側に求めること

.
.
.
日本では、期待以上の素晴らしいサービスを提供してくれる。
.
1コインでお腹を満たせる大衆的なレストランでさえ、
時に大企業のCEOのように扱ってくれる。
.
.
それ自体はいいことなのかもしれないが、
問題は、受け取る側がその特殊性を意識しない限り
【消費者マインド】が染み付いてしまうことだ。
.
.
私はお客なのだから…
.
.
「お金を払ったのだから、これくらいは保証されるべきだ。
「遠くから足を運んだのに、なぜこんなサービスしか出来ないのか?
.
.
確かに、日本人だけの世界で生きていくなら、
それでも一時的に通用するのかもしれないが、当然そんな駄々は言ってられない。
.
なぜなら今はグローバルな社会であって、鎖国制度はもう存在しないからだ。
.
.
.
私がPTとして経験したことを一つ挙げさせてもらうと、
グローバルな世界は、ある意味において理不尽なことで溢れている。
.
.
約束は守られず、期待は裏切られ、時には血が流れる。
.
.
価値観や環境が違う人間の集まりなのだから仕方がない。
.
.
理不尽な世界では、
悪い結果を招く正しい行いがあり、
良い結果を招く、誤った行為がある。
.
どこまで詰めても
不確実性が影のように付き纏うのだ。
.
.
だから、グローバルに活躍する人を観察してみると、
「自分は正しいのであって、問題があるのは相手の方なのだ」とは考えず、
.
(仮に自分に一切の非がなかったとしても)
自分にも出来ることがあったのではないか?
.
と常に内側に矢印が向いているように感じる。
.
.
.

私が師事を仰ぐメンターの一人は、いつもこう話をしている。
.
.

思い込みや偏見の可能性を常に認め、
主張はあくまでも”個人的”で”暫定的”に正しいと思うことで、
常に自分に矢印を向けて、ベストを尽くすだけです。
.
だから、停電が起きて損害を受ければ、それは自分の責任だと思います。
.
.
そういう大人は幾分「魅力的」なのだ。
.
.
.
エマの一言で、自分がいかに
偏狭でつまらない子供になっているのか目を覚ました。
.
.
冷静になれば、
ここはゴビ砂漠でもなければ、キリマンジャロでもなく、
穏やかなアメリカの田舎町なのだ。
.
砂嵐の心配もなければ、凍傷に悩まされることも無い。
.
.
物事のいい面だけを見れば、
冷えたバドワイザーと、ジューシーなハンバーガーを食べて、
平和にこともなく幸せに過ごせるのだ。
.
それだけでも感謝しければいけない。
.
.
満場一致の結果を真摯に受け止め、
次に渡米する際には、早めに国際免許を更新しようと決断した。

.


追伸


12.Apr.2017
.
今回、私が5日間滞在したダラスは、
全米2番目の面積と人口を持つテキサス州の第2の都市であるが、
はっきり言って、特にこれといったものはない。
.
.
食事はお世辞にも美味しいとは言えないし、
洒落たカフェも気の利いたワインもない。
.
.
しかし奇跡的に、あなたはダラス・カウボーイズのファンで、
来月に、AT&Tスタジアムに訪れることになっているかもしれないので、
ついでに立ち寄れる場所をお勧めさせて欲しい。
.


1、ミリオン・ハウス【プレイノ】

.
https://goo.gl/g3ZZ99
.
.
ダラスの中心地から、プレイノに向かう途中に高級住宅街がある。
.
ミリオンドルの邸宅が立ち並ぶエリアに、
セキュリティ・チェックもなく普通にタクシーで入れるのだが、
ここに並ぶ邸宅は一見しておく価値がある。
.
.
「慎ましい3人家族くらいなら、トイレで暮らせるのでは?」
と思うほど、とにかく広い。
.
庭師(?)が5人がかりで作業していたりと、規格外な空間だ。
.
.
私の拙い文章では形容できない美しい場所なので、ぜひその目で見て欲しい。
.

奥行きが表現できないが、この城に3人で慎ましく暮らしているらしい


2、ハイライズ【アーリントン】

.
典型的なアメリカのレストラン街なので、
特に取り上げて紹介する必要もないのかもしれないが、一度は行って損はない。
.
.
アメリカの文化がよーく分かるし、バーボンや地ビールを心ゆくまで楽しめる。
.
.
.


教科書やテレビ番組で、「アメリカは車社会なのです」とか、
「アメリカの家は大きいのです」と耳にするかもしれないが、
こうゆうのは、
実際に見ないと理解ができないものだ。
.
.
断片的に情報を得ても、繋がりがないので覚えられないし、何より役に立たない
.
.
逆に、ミリオン・ハウスやハイライズの空間を体験したり、
食事をその土地で味わえば、
僅か5日程度の滞在でも、今まで学んだ断片的な情報が一気に繋がる
.
.

私はビジネス・投資の視点でも、今回の滞在で大きく成長できた確信がある。
.
世界の経済の中心にいる
「アメリカン」を作っているコンテキストが浮き彫りになったからだ。
.
.
そして、日本人は
「限定された場所」に住む
「限定された教育」を受けた
「限定された民族」なんだと、再認識が出来た。
.
.
確かに物価は高く、時差もあり、英語がネックになるかもしれない。
.
しかし、負荷をかけた旅には、
それに見合った対価も得られることも、公平を期してそっと伝えさせて欲しい。
.
.
.
カフカ
.
.
メルマガでリアルタイムの情報を受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 島本
    • 2017年 4月14日

    充実した5日間だったのでしょうね。
    文章が物語っています。

    私もテキサスに行った際にはマティーニではなくバーボンウイスキーとハンバーガーを堪能したいと思います。

    PTを目指す身として、今後もカフカさんの記事を参考にさせていただきます。

    長旅お疲れさまでした。

    • 中河聡美
    • 2017年 4月14日

    世界に飛び立つといろいろな考え方や感じ方ができますね!この記事を読んで日本の中だけで留まってるのは勿体無いなと感じました!

    • 杉山洋介
    • 2017年 4月14日

    日本人は、良いところも悪いところも『奥ゆかしさ』で片付けてしまいます。

    閉鎖的で鎖国的な文化ですもんね。

    インサイド・アウトのお話は興味深いですね。わたしも今なら理解できますが、若いころは到底無理だったでしょうね。

    ということで、わたしもエマに一票入れておいてくださいmm

    • miho
    • 2017年 4月14日

    私も人を責める気持ちになったときによく
    『インサイドアウト』考えます。

    兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって、『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、どうして言えようか。

    と言う言葉を思い出しました。

    タクシーの運転手の内容。。心が戦いますね。
    コーヒーかけちゃうかも。

    • 中田勇喜
    • 2017年 4月14日

    貴重なお話をありがとうございます。
    カフカさんが語る言葉一言一言に毎回驚かされています。
    身体に流れる血液を「トマトジュース」と表現をされていた時には口を閉じていてはいられませんでした。
    最高のティータイムでした。
    また、インサイドアウトの考え方は真似しなければいけないなと感じました。どのようなことでも壁に当たった時には、矢印を内側に向けたいと思います。
    人々の争いが絶えない世の中において、大切な教えを学ぶことが出来ました。感謝しています。
    長旅ご苦労様でした!

    • Chika
    • 2017年 4月14日

    私も海外に出るたびに、日本の凝り固まった考え方を覆され、毎回のように私はまだまだ子供だった。と思うことがあります。でも日本に帰ってくるとまた、ついつい日本の流れに流されてしまっているようです。
    この記事を読んで改めて、そういったことを思い出しました。もっと柔軟な考えを持たないとですね。

    テキサス、いってみたいです。豪邸みてみたい!

    • ともこ
    • 2017年 4月14日

    まるで小説を読んでいるかのように情景が浮かぶ記事でした。私もたびをしたくなりました。

    • ゆき
    • 2017年 4月14日

    初めてコメントいたします。

    とても興味深いお話ばかりでした。
    と同時に、「どこでも上質のサービスを受けられることが当たり前」と考えている自分と、「インサイド・アウト」の考え方が最近まったくできていないことに気付かされ、恥ずかしくなりました。

    気付きは本当に重要ですね。

    日本人らしい価値観をいい意味で壊してみたくなりました。

    • ゆうすけ
    • 2017年 4月14日

    小説を読んでいるような良い心地にさせてくれる素敵なブログですね^ ^
    映画のワンシーンのようなアメリカの情景が思い浮かびます(^ν^)
    読み物としても、学びとしても、とても興味深く読ませていただきました(o^^o)

    • 由美子
    • 2017年 4月14日

    カフカさん、いろんな意味でテキサスを堪能されましたね。お楽しみさまでした。
    確かに日本とアメリカでは、サービスに対する考え方自体、根本から違いますよね。
    それはサービスを受ける側にも当てはまるのは言うまでもありませんが…。
    日本人には昔から「おもてなし」の文化がある為か、サービスするのが当たり前、されて当然と思っているところがあります。
    アメリカ人は自分主義が根本にある為か、待っているだけでは何も始まらない。強く自己主張しなければ生きていけない国ですよね。
    私は日本に居る感覚でアメリカの人に尋ねて、色んな所で「Not My Business!」と言われました。(笑)
    その国によって色んな文化や考え方があるという事は、外に出てみて体験しないと分からないし楽しめません。
    カフカさんが私の行けない場所で色々体験され、ブログを更新される事で、ブログの中の空間に入って現実逃避できるので、私にとってはとても貴重な時間です。
    これからも未体験の空間へ連れて行って下さい。
    ブログ楽しみにいています。

    • 久子
    • 2017年 4月15日

    おかえりなさい。

    100ドルだなんて。。そんな事が未だにあるんですね。

    という私も、偏狭な日本人の1人です。

    なんか考えさせられますね。

    でも無事のおかえりで良かったです。カフカさんのジョーク聞いてみたいです。

    • ジョー
    • 2017年 4月15日

    いつも拝見しております。
    問題の原因を外側ではなく、常に内側に求めること

    これは常に考えるべき思考ですね。
    勉強になります。

    • 笠原誉之
    • 2017年 4月15日

    日本の価値観は世界に出ると通用しないのだと改めて認識しました。ありがとうございます。

    • かり子
    • 2017年 4月15日

    今回も楽しく読ませて頂きました。
    23回目のため息!!数えてたんですか???(笑)
    物事って多角的に見る視点が必要ですよね。
    当たり前が当たり前じゃないことって、沢山ありますね。
    何も変わらない普通の生活を送れる毎日に感謝です・・・。

    • Maki
    • 2017年 4月16日

    おしゃれでユーモアな文面に心が爽やかになりました。
    なんらかの奇跡が起きてダラス・カウボーイズのファンになったらハイライズやミリオン・ハウスに足を運びたいと思います。
    そしてタクシーを使う際には事前交渉をすること、万が一の展開を考慮してコーヒーを持ち込まないことを頭に入れておきます。。。

    • さくら
    • 2017年 4月17日

    テキサスの旅はお疲れさまでした。
    そして貴重な体験と【インサイドアウト】の考え方について改めて実感させて頂いております。
    日本にいて当たり前に感じながら過ごしている昨今ではありますが、
    いかに狭い視野に囚われていたのか・・・・

    今回のご経験されたお話は、自分とはまるで別世界のようでありながら、
    身近な部分に置き換える事でとても共感させて頂きました。

    また、いつもながら、文章の流麗さに心が洗われます。

    この度はテキサスの旅、本当にお疲れさまでした。
    なかなかお時間が取れないかもしれませんが、
    休める時にはゆっくり羽根を休めてくださいませ。

    • SUZUKI
    • 2017年 4月17日

    “インサイド・アウト”。
    自分の場合は、
    「何かを変えたければ、まず自分が変わろう。」
    という言葉で折に触れて自分に言い聞かせてきたマインドです。不平不満をぶつくさとぼやいたりうちは、何も状況は変わらないし問題は解決しないですもんね。それでも、気がつくとつい上手くいかない現状を何かのせいにしている自分がいます…。

    さらなる現状打破のために次の一手、考えていきます。
    いつも大切な気づきを下さり、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Auther: カフカ

Permanent Traveler(終身旅行者)

インフォプレナー・投資家・ワイン

季節周期で移住→国内・海外50都市以上

移住ライフを送るためのノウハウを
余すことなくお伝えします

旅の資金を作り出す荒業

1つ上のステージを目指す